スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとぎの国ブログ2回目 レーン戦の話

201503310004481a7.jpg
こんちはー とめこです。
なんか第一回目のブログ書いた直後にアップデートきてキャストに修正入ったんで更新滞ってましたww

CoJはMoA爆死しました。プレイングミスを超えるやべーミスしたんでまぁ自分がアホなだけですけどw
ぬこぬこRさんおめでとです! 後みんな本戦がんばれー

大阪では歩く経験値ちょもすとKOKOちんとかといっしょにわんだーらん! したり楽しく過ごせたので
遠征自体は楽しかった!  東京は次遊びにいくとしたらGWらへんかなー。

そんなこんなで今回もWLWについて書こうかと思います。
現在A4(後ちょいでA3)で相変わらずリトルアリス使ってますけど、キャスト修正で目に見えてサンドリヨンの数が減りましたねw
前回のブログで最強キャラ扱いしてましたが、本当圧倒的な強さだったのでしゃーなし。
全部乗せ弱体化だしなぁw

環境もガラリと変わりましたが、今日は前回に引き続いてレーン戦について書いていこうかと思います。

■レーン戦の基本的な話
前回のブログでWLWは基本は1:1のゲームです!って話をしたと思いますが、レーン戦の話も基本一緒です。
特に左右レーンの開幕は完全に1:1です。

ではレーン戦ではどのように立ち回るのがベストでしょうか?

①ひたすら兵士を倒す
レーン戦とは=そのレーンの拠点を守る戦いになります。そして拠点にダメージを与えるメインは兵士によるダメージです。つまり兵士をひたすら殺していけばキャストだけのダメージでは相当しんどいので基本戦法といえるでしょう。
特にドローショットが強力なファイターキャストはどんどん兵士を倒していくのがお仕事。

②キャストを無効化する
①の話とも繋がりますけど、兵士を倒すというのは相手にキャストがいなければ適当に攻撃してるだけで倒せます。
つまり相手にキャストがいなければレーン戦は勝ったも当然!
一番簡単なのは撃破してしまうことです!しかしキャストは兵士にくらべてかなりHPがあるので、そう簡単に撃破することは出来ません。(後はHPをぎりぎりまで減らして相手に回復拠点まで帰ってもらうのもいいです。)

自分がアタッカーを使っているのもありますが、ぼくはレーン戦では積極的にダウンを狙う立ち回りをします!

ダウンしている間は一定時間行動が出来ないので、その間に①の兵士を倒すプレイがノーリスクで出来ますつまり相手にキャストがいない時間を作れるのです!キャストによってダウンが取れる行動が違うので何ともですけど、アリスの場合はドローとストレートの両方にダウン効果があるので使い分けてダウンを狙っていきますね!
特にアリスはストレートの飛距離がかなりあり、序盤の美猴等の近接攻撃キャストにかなりプレッシャーを与えることが出来ます!

③数の優位をつくる
ドローショットやスキルで兵士を倒したり、相手キャストのダウンを利用したりすることで兵士の数の優位をつくっていきます。当り前ですけど、相手より数が多ければそれだけ相手キャストに攻撃してくれますし、前線をどんどん押し上げることが出来ます。真ん中レーンの2;2なんかは特に数の優位が直接レーン戦の優劣につながります。
兵士のラインを上げ続ければ後は拠点にダメージを与えるだけ!

とまぁ、結構当り前の話なんですけどレーン戦の基本はこんな感じです。
後は中級者以上に意識してもらいたいのは各レーンのフォローの話です。

④真ん中レーンの2人は左右のフォローを意識する
開幕時、キャストの顔ぶれやランク差等でだいたいどのレーンが有利でどのレーンが不利かは判断出来るかと思います。
真ん中レーンのライン維持が最優先ですが、余裕があれば左右の不利なレーンに少しの間フォローに行ってあげるだけでだいぶレーン戦の勝率が変わってきます。
また、左右どちらかのレーン担当のキャストが撃破されたり、回復に戻った場合は真ん中レーンの2人のうちどちらかがフォローに行き、撤退したキャストが回復後、真ん中レーンに応援に行くというレーン担当チェンジもかなり有効な戦略です。
②で書きましたがキャストがいない時間を作ってしまうと、そのレーンは圧倒的に不利になってしまうので出来るだけどのレーンも1人フォローが行く用に立ち回るのが上手い立ち回りです!

④の悪い例と補足
左右フォローの話ですが、あくまで真ん中レーンが維持出来ていることが前提の話です。
余裕ないのに左右に1人行ってしまうと、真ん中も不利になって芋づる式に全レーン崩壊とかありますからw

1つ実際にあった悪い例の話。
とめこ(リトルアリス)と相方美猴(AAランク)が開幕真ん中レーンへ。
美猴が相手キャストの1人を撃破してくれたので真ん中レーンは相当有利な状況になりました。
しかし、右レーンが劣性(相手AAランクミクサが押している)という状況で美猴が真ん中が完全に制圧出来ていない状況で右レーンに応援に行きました。そして美猴がミクサに一瞬で返り討ちに合うw

どうなったかというと・・・
真ん中レーンは押していたものの、拠点7割削って美猴がいなくなったので1:1に戻り膠着。
右レーンはそのままミクサが押し切って破壊。
真ん中レーンは美猴が撃破したキャストが戻ってきて1:2  更に右のミクサが応援にきて1;3
美猴が復活して戻ってくるまでの間、1:3の状況が生まれそのまま真ん中も折れる・・・
キャスト撃破の差もあり、レベル差が生まれ左レーンも押されて全レーン崩壊

もうダメダメです・・・w 
美猴だけの責任とは言いませんけど、この人が余計なことをせずに真ん中に居座っていた場合
間違いなく真ん中拠点は取れてました。右レーンは崩壊するのは一緒ですけど、美猴の撃破経験値は稼がせず、
お互いに拠点を1個ずつ破壊と状況的に五分に持ち込むことは出来ました。

まぁもし美猴の右レーンの応援が成功していた場合は、
真ん中レーンを7割削った状態で、右レーンは戦線維持、回復に戻った右レーンのキャストが真ん中に担当チェンジという、こちらにガン有利な状況が生まれたので100%間違いではないです。

でも1つのミスがここまで全体に影響を及ぼすので、基本は自分のレーンが完全に有利を維持した状態で他レーンのフォローを考えるのがいいかなー って思います。

以上、簡単ですけどレーン戦のとめこ的な考え方はこんな感じです。
で、ここまでの話をなんかうまいことまとめられないかなーって仕事中に考えてたら・・・
とある伝説のマンガがWLWのバイブルだと気づきました()

やまおう

大人気作品、バスケマンガの金字塔、スラムダンク
そのラスボスである山王工業の得意とする戦術、オールコートゾーンプレス!!!!

WLWの立ち回りはまさにこれだ! って気づきましたww
基本、1人のキャストに対して1人がフォローする。状況に応じて担当を変えたり他がフォローしにいく!

相手にいるスーパーエース
20150331000346fa2.jpg

こんな人いたらきついですけど

2015033100040227d.jpg

味方の池上くんががんばってくれるはずです!!

後次に書こうかと思ってるんですけど、このゲームって

攻撃は最大の防御なり 

なんですよねー。池上いらない。福ちゃん最強!!

だから対戦相手に

20150331000416091.jpg

みたいな顔をしてもらう立ち回りを次回書きたいと思いますw

今回これがやりたかったダケwww

ばいちゃーwwww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にも@管理

Author:にも@管理
© SEGA

COJプレイヤー「にも」です。
ここの管理をしてきます。
ツイッター:shibachu0105
セガR&D1サポーターズサイト登録してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。