FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉石混淆

前置き

<メタゲームとは>
メタとも。
特定のデッキタイプに対する対抗策、またはそれを実行すること。
流行を予測して相手が使用するであろうデッキを読み、事前に対抗策を用意したデッキを用意する的なことが1番最初に出たコンプリートガイドに載ってました。
執行官アーテーが付いてたやつですよ!



今日は今の「メタ」についての話です。

5月9日より、新カードにもオリジナルポイントが付くようになりました。
また、ポイントによるボーナスの査定が変更になったのでBランク以上のデッキを作りにくくなりました。
その影響で当たるデッキも変わってきましたね。

・昆虫
前までは統合入りの昆虫が非常に多かったですが今は当たる回数がかなり減ってきてます。
昆虫をメタるためにサラマンダー軸をはじめとする、チェインフレイムを積んだデッキが出てきたことが原因でしょう。
また、オリボBにするにはデッキパワーを相当下げる必要があります。

・高BPチェインフレイム赤系
リトルドラコ、サラマンダーを採用して赤青だったり、赤黄だったりするデッキです。
高BPからのチェインフレイムで昆虫に有利ですね。
使ったことがないのでよくわからないのですが、メフィスト系にはメタカードを積まないと辛いのではないでしょうか?
KP珍獣は烈火がいるのでKPは防げますがライズがあるのと、ブン回してチェインバクダルとかあるのでなんとも言えないかなぁと。

・メフィスト系
黄単やら黄緑やら内容は諸々ありますが、面倒なのでメフィスト系と書かせていただきます。
人の業やらメフィストをメタったカードが減ったこと、メフィストに繋げるまでを改良したバージョンが出てきたことにより、また台頭してきたかと思われました。
しかし、弱点があり、スピードムーブを積んだKP珍獣に非常に弱いです。

・KP珍獣系
メフィスト系には強いのですが当然珍獣メタカードがあるので辛い場面もあります。
またハンデスが増えてきてるのでそれにも若干弱いですね。

・ハンデス系
新カードにポイントが付くようになり、一気に増えた感じがあります。
Aデッキを組みやすいのが人気の理由ですね。
またハンデスに面白みを感じる人も多いのでしょう。
相変わらずライフを一気に削る手段がないので光明に弱かったり、ジャッジに弱かったりします。


他にもみなさんいろいろ試してるようですね。
そんなんで今はメタが結構回ってるかと。
週2プレイヤーなので次に行ったときはもう当たるデッキが変わってるかもしれません。
この状態で良い勝率を出すのは難しく、逆にそれが面白いとも感じられますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にも@管理

Author:にも@管理
© SEGA

COJプレイヤー「にも」です。
ここの管理をしてきます。
ツイッター:shibachu0105
セガR&D1サポーターズサイト登録してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。