スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスを認知する

うっす、にもです

このゲームの勝敗は様々な要素から出てます

・先攻か後攻か
・デッキ相性
・引き
・プレイング

これが僕の考える要素
今日書くことは中級者以上向けのプレイングについて



プレイには常にリスクとリターンがあります
適当にユニットを出すだけでもCPを使うし、手札も減ります
これはリスク
リターンはそのカードを使うことによってゲームを有利に進められるか
リスク、リターンからくる期待値の中で最も高そうな選択をするのが望ましいです

プレイングミスとは他にある選択肢よりも期待値の低い選択肢を選ぶこと
プレイングが上手な人は常に期待値の高そうな行動をしてます
リスクを回避する能力が上手くて、負けない場のつくり方が上手です

期待値は具体的に数値では表せないので感覚でいいです
例えば、

選択肢1:軽減ブレイブをすれば相手を殲滅出来て有利

選択肢2:ウィンナーからマーヤレイニーでも殲滅出来て有利

どっちも有利だけどユニットが多くなるし、ジャンプーのリスクも低いので選択肢2の方が期待値は高そう
この“こっちの方が高そう”って感覚が重要



プレイングを向上させるために必要なものは何か

僕が思うに「ミスを認知する」こと
制限時間が短いし、ミスをするのは仕方ないことです
大事なのは振り返り方
ミスしたことがわかれば良いですが、ミスをしてることに気づいてない人が多いのではないかと
気づいてなければ次に活かすことは出来ません

気づかないパターンとして2つあると思います
ざっくり図で作ってみました
黄色がミスした範囲、緑が認知している範囲だと思ってください
認知範囲
・認知範囲が狭いパターン(左の図)
なんで負けたかを振り返ったとき、わからないけど負けた
上の例で言えば、選択肢2に気づかず選択肢1を実行した

・期待値の感覚がズレている(右の図)
自分は強デッキを使っていて、他にも選択肢はあったけど最良のプレイングをしたけど勝てない
これが本当に出来ているならあなたはSランク以上になってるでしょう
一定数以上勝ててないってことはプレイングを間違えてる可能性が高い
上の例で言えば、選択肢2に気づいているが選択肢1の方が期待値が高いと思ってしまった



認知の範囲を広げたり、感覚のズレを正すにはどうすればいいか

デッキの研究も必要ですがやはり経験によるものが大きいかなと
今の上位陣を見るとプレイ回数が多かったり、元々違うカードゲームをしてたりします
それだけやれってのは酷なので疑似的な経験から学びましょう
今はリプレイがあるので同じようなデッキを使ってる他人のリプレイを見て参考にしましょう
焦ることなく、客観的に見れるのは大きいです
特に負け側を見るのがオススメ
どこで期待値の低そうなことをしてるか考えてみましょう
実践で似たような場面になったとき、その選択を避けることが出来るかもしれません
その選択を避けて勝率が上がったなら上達しています

ただ一人では限界があります
リプレイを見て考えてもわからないときは出てくると思います
出来れば誰かと話しながら見れる環境が欲しいですね
ランカーと言われる人々でもプレイが違うところはありますし、数値化が出来ないので細かいところは何が正しいのかわかりません
ああでもないこうでもないって言い合える仲間がいるってのは本当に大切なことです


人増えろー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にも@管理

Author:にも@管理
© SEGA

COJプレイヤー「にも」です。
ここの管理をしてきます。
ツイッター:shibachu0105
セガR&D1サポーターズサイト登録してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。