スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再告知

明日11月1日、前に告知した大会があります。

再告知しようと思ってたんですけど忘れてました!


場所:アピナ松本店(長野県松本市双葉19-10)

時間:16時から(受付は15時から)

参加上限:32人

参加費:100円


ルールはデッキ固定、ジョーカー固定です。
スムーズな運営のため、できれば事前にデッキとジョーカーを合わせた状態でお願いします。
スポンサーサイト

【静岡】大会告知

静岡でコードオブジョーカーの大会があります!!


【日時】

11/2(日) 19:00~ (18:30頃集合?)

【場所】

SUPER WAVE静岡店

【レギュレーション】

最大16名によるトーナメント 
・制限なし
・デッキ固定?
・ジョーカー固定?




私は参加する予定です('◇')ゞ

当日時間があれば、デッキ調整の相談、プレイイングの相談は受け付けますのでお気軽に声をかけてくださいね。

ちなみに仕事の関係で11月中旬には静岡を離れ他県に住む予定になっているので、
これがたぶん静岡で参加する最後の大会になりそうです。



また、11/1(月)には愛知県のアーバンスクエア大須でローカル大会があります。
あのOGRさんやアースさんなどの全国トップクラスのランカーが集まるみたいなので愛知の方は是非(*'ω'*)

11/2(日)には、長野のにもさんのホームや大阪のまるすさんのホームでも大会があるようです。

地方でローカル大会が活発に行われるというのはいいことですねー( *´艸`)



宜しければクリックをお願いします↓↓
セガR&D1サポーターズサイト

ゲーム的自己紹介② 三国志大戦の話とか

このゲームを始める前は何をやってましたか?


この答えは割りと大きく二つにわけれるのではないだろうか?


①遊戯王やMTGなどのトレーでシングカードゲームやってた層
②三国志大戦やボーダーブレイクなどのアーケードゲームやってた層


もちろん、そのほかの方も大勢いると思うし、その両方って方もいるでしょう。


私は完全に②のパターン。


大学1年のときかな。
三国志大戦とかいう人生を狂わせたゲームと出会ったのは・・・


その頃は福島に住んでいて、最初はMJやったり格闘倶楽部やったり、あるいは彼女とUFOキャッチャーやる程度のライトユーザーだったんですよね。


それがあのゲームと出会って大きく変わりましたねw


始めたのはちょうど大戦1の程昱の反計が最初に修正されたころなので、まぁほぼ稼働初期ごろからやってました。


君主名は“ブルー大佐♪”ってのでやってました。


最初は全然勝てなくて、特に赤壁の大火の周瑜に焼かれてクソゲーされたり、
ゴリラに端突破されて何も出来ずに開幕乙されたり、
っていうか曹操の覇者の求心強すぎてぶっ殺されたり、
荀彧の反計長すぎwwwwwて半径されて殺されたりしてましたねー

結局ノイ氏の考えたWワイパーが自分的にしっくり来て、Wワイパーばっかりこすってた気がします。

結局大戦1のときは2品の上の方までで終わった気が。
覇王にはなれなかった。

大戦2のときが全盛期かな?

毎日ゲーセン行ってた気がする。
戦国のランカーのMCベイベ君とかも同じホームだったので毎日一緒にやってたなー


ちなみに一番思い入れがあるのが、屍孫堅と劉備の大徳!
あのカード好きだったなぁ!


特に屍孫堅は好きで、あのデッキで、大戦2のときは最高で証23個まで行ったんですよね。
一応全国ランキングにも数日間入ったりも出来たし、あの辺がピークでしたね。
大戦3になってからは徐々にやるペース減ってしまったので・・・


あとはボーダーブレイクも少々。
一応稼働日からやってて、最初にSランクが解放された時に解放初日にSランクに上がる程度はやってた。
でも割と早くやめてしまった。


そう考えるとこのCOJってゲームは三国志大戦以来、僕の中で大ヒットしているゲームだったりする。


三国志大戦が年明けにネットワークが完全に切れて稼働終了してしまうのは寂しい限り。


そうゆう意味でも、COJも長く続いて欲しいと願っている。


いいゲームっていうのはメーカーだけが作るものでもないし、ゲームセンターなどのロケだけが頑張ってもダメだったりする。
メーカーとロケとユーザー全員でこのゲームを盛り上げていけたらいいですよね。


(つまり、J子はネイルを発表している場合じゃないんですよ)


なんか取り留めもない日記になってしまったw

秋葉原GIGO大会の話


お久しぶりBANです
今日は少しチラシの裏に書くべき様な私事の話を

先日秋葉原GIGOの大会に行ってきました
今回は制限なし大会

実はこれ以前秋葉原GIGOの店員さんとお話した際に
いつも大会が制限ありなのでたまには無制限やりましょうよと自分が持ちかけた話だったりする
自分で持ちかけた手前参加しないわけにもいかないよねということで参加

結果をいいますと優勝しました

デッキはこれ↓
cojdeck (91)

赤黄やスピードムーブデッキの「暴虐のネビロス」の除去が難しいので「封印の壺」を入れただけの珍獣
「信玄」や「アレキサンダー」、「最期の門」などは最初から捨てた構築

実際には大会に上記のカードを入れてた方もいたのである意味そういう構築に当たらなかったのも
かみ合わせがよかった

当日はJ1だけでも5名集まり合計40人以上となっており
なかには何度か対戦して苦手だなーと思う人も多々いたのにかかわらず
あまりあたらなかったのでやはりかみ合わせがよかった

そんないろんな要素が噛み合いなんとか優勝できたのだろうな思います

そして個人的にはやはり大会は燃えるな!という印象でした
各地のゲーセンでもCOJを盛り上げrる意味でどんどん対戦会とか大会開いてほしいと思った次第です

最後に今回大会運営及び対戦した方々ありがとうございました

ゲーム的自己紹介①

おはようございます。♂SAYA♂です。



そういえば、自己紹介的なものがまだだったので
今回はCOJを少しだけ離れて自己紹介でも書いてみようかなーとw


COJの話題がない訳ではないんですよ(´・ω・`)


きっとこのHPを見ている人はゲーム大好きオタクが多いって信じてますし、おすし


もっとも普通に自己紹介したって仕方ないので好きだったゲームやCOJやる前の話なんかを
書いてみようと思います。


<< ファミリーコンピュータ >>

生まれはファミコンが発売されてから数年後
幼少期はほぼファミコンと共に成長

記憶に残っているのは、スーパーマリオ2!
ディスクシステム知ってる方いますかね?
あれは楽しかったw

あとはマリオ、マリオ3などのアクションゲームが好き。
ボンバーマン、クインティー、がんばれゴエモンからくり道中なんかも好印象
ドラゴンボール 神龍の謎はやりこんだ記憶があるけど、
王道ロールプレイングは肌に合わずにほとんどやらず。

ワギャン大好きだったなー!!


<< スーパーファミコン >>

上げていけばキリがないんだけど、もちろんマリオ。
マリオRPGでピーチ姫でフライパンで殴りまくった記憶も。

ミニ四駆 シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー、海のぬし釣り、スパロボ、ゴエモン、
スーパー原人、ロックマン、ロマサガ、風来のシレン、信長の野望・覇王伝、マリオカート、
バトルドッヂボール、タートルズ、ストⅡ、幽遊白書・・・

バトルドッヂボールはめちゃくちゃ好きだったw
ゼットンHP高いしよく使ってたなー
外野はウルトラマンで固めたりw


<< ゲームボーイ >>

ポケモン一択では?
緑やってた。初代大好き。
俺の考えた最強チーム戦わせたい。
確か、フーディン、スターミー、サンダース、ダグトリオ、ケンタロス、ナッシー(カイリュー)


<< 任天堂64 >>

ゴールデンアイ、パーフェクトダーク
これやばかったwFPSはこのゲームで好きになったw
モーションセンサー爆弾と黄金銃がCOOL!

マリオカートもやりまくったw
ルイージサーキット裏技なしで1分43秒くらいだったかな?

スマブラは至高の名作
サムス修正はよ

マリオテニス
ベビーマリオいいね

スターフォックス、ゼルダの伝説、カスタムロボ、パワプロも大好きだ!!


中学、高校は部活も忙しかったしあんまりゲームはやらなかったかな
プレステは持ってなかった。
当時は任天堂大好きだったからなぁ
もちろんPCエンジンとかセガサターンとかいうクソハードも持ってなかった


また大学行ったらゲームやりまくるんだけどね。


<< プレステ2 >>

テイルズオブジアビスと出会う。
これが私のテイルズ処女作。

バンダイナムコファンになりましたw

ストーリーが本当に面白くて、これは本当におすすめ。
ネタバレになっちゃうけど、道士イオンがレプリカだったときの衝撃は今でも忘れられない・・・

その後テイルズは遡ってほとんどすべてのタイトルを網羅

あとはウイイレなどなど


<< PSP >>

モンハン

まぁ言わずもがな名作ですね。
もちろんやってましたよ。
2と2Gは500時間くらいはやりましたね。大学の授業中に。

ファンタシスターも

<< PS3 >>


テイルズ、龍が如くシリーズかなぁ。
この時期になるとゲーセンメインだったから家庭用はやりたいやつだけって感じ


<< wii >>

なんで買ったかよくわからない
産廃

<< PS4 >>

龍が如く維新!のみ。
さっさとソフト充実させて。




こうやって振り返ってみると、一人で黙々とやるゲームよりみんなで対戦したり、協力したりするゲームが好きだった
毎日小学校が終わったらランドセルを置いて友達の家に行ってゲームしたり、友達が来てゲームしたり・・・

まだまだゲームっていうと否定されがちな風土があると思うけど、友達とのコミュニケーションを取ったり
空いた時間を有効に使うには十分優れたツールだとは思う。目的なのか手段なのかって話ですね。

やっぱりゲームって素晴らしいと思うし、これからも一生楽しんでいきたいと思える趣味なのは間違いないですね!

本当は三国志大戦の話をしたりしたかったんですが、家庭用だけであまりに長くなってしまったので今日は終わり!




宜しければこちらでクリックをお願いします↓↓
セガR&D1サポーターズサイト

J1昇格!!




J1に昇格しました!!



SAYA
© SEGA


99000あたりで全然勝てない時期が続き、相当苦労しましたが何とかJ1になれました(∩´∀`)∩
当分J1J2ループをしていると思いますので、J2になっていたら察してくださいw


今までは2000APあげてもランキングが1つしか変わらないって事も日常茶飯事だったんですが、
このJ1ラインから1000APも上げたらランキングは20位くらい上がるんですよね・・・


ちょもすさんもブログで書いていましたが、カレーライスからうんこに飛躍しているくらいの壁を感じます。


とはいえ、丘るつもりは毛頭ございませんので、モチベーションが続く限りプレイし続けると思います(=゚ω゚)ノ


以上!

壺を使われたらどうする・・・?

お久しぶりです。


♂SAYA♂です(*'ω'*)


赤黄色考察以降、デッキボーナスが変わったりエラッタが入ったり色々ありました(´・ω・`)
前回のエラッタでカイムエンジェルビルダーが弱くなってしまいましたが
やはり後攻が見れる赤黄色が環境トップな感じですね。

もっとも他のランク帯の試合を見ていると黄色単が多かったり、死壊石コンが多かったりと、
ランク帯によって多いデッキ傾向は大きく違うようですが・・・


さて、今日はそんな赤黄色によく採用されている壺を使われた場合に関しての立ち回りを紹介してみます。


封印の壺


card_301.jpg
© SEGA


ユニット一体を事実上の死に追いやるカードですね。
これが昔は4Pだったと考えると恐ろしいですねw

よく使われるパターンとしては、基本は“焼き”を使い、どうしても焼ききれない場合や
高BPユニット相手で焼きで対応すると費用対効果が悪くなってしまう場合に、
このカード使い事実上の死亡状態にユニットを持っていく・・・みたいな感じですね。

で、壺を使った側はそのままトリガーゾーンに封殺や弱肉をセットしてターンエンドというパターンが多いです。



では、そのような状態に対して、こちらはどう対処するか?を考えてみたいと思います。



①呪縛中ユニットの上に進化カードを重ねる


呪縛中とは言え進化の種にはなります。
この上に進化カードを重ねてしまえば呪縛は消えます。

ただしLv.1、Lv.2の進化カードを出した場合はそのターンでのアタックは出来ません。

ここで個人的にオススメなのが進化ユニットLv.3を重ねるという方法です。
Lv.3ユニットは行動権がないユニットの上に重ねたとしても行動権が回復しアタックが出来ます。

珍獣以外だと進化Lv.3を作るのは難しいですが、珍獣の場合は割と簡単に出来たりします。
相手が赤黄色だった場合、珍獣側はあえてLv.2で止めたり重ね方を変えてLv.2止めをするのでなく
思い切ってLv.3にしてしまうというのも“あり”です。

先述したとおり、壺を使った側はマウントを取るために赤封殺や弱肉をセットしてターンエンドをすることが多いです。
デビルウインナー経由でアザゼルを出そうとしても出せない場合も多いので、使い物にならなくなったユニットの上にアザゼルなどの
Lv.3を重ねてしまうというのはリスク回避にもなるのでオススメです。


②呪縛中ユニットをそのままフィールドに出しておく


対赤デッキ戦でベルゼブブがまだ相手の手札や山札にある場合は撤退させずに残しておく方がいい場合が多いです。
ベルゼブブの避雷針は多い方がいいですからね。
また、マーヤなどの永続効果のユニットの場合は行動権の有無にかかわらず効果は発生するのでフィールドに出しておいても損はありません。
また拒絶発動を狙う場合やミカエルでどうせ起こす場合などもそのまま残しておいてOKです。

③呪縛中のユニットを撤退させる


呪縛中ユニットがいる限りこちらの祈りを発動させることが出来ません。
祈りを発動させたい場合は撤退をさせた方がいい場合が多いです。
特に対黄緑デッキ戦などでは、ランダム破壊をされることが少なく避雷針としての役に立ちません。
呪縛中ユニットを無視されて試合が進行する場合、祈り発動の邪魔になる可能性が高いので撤退させましょう。



呪縛を使われるとそのユニットは実質ゴミになることが多いですが、それでも有効活用できる場合も十分にあります。

自分の手札と今後の展開、相手の手札と相談しながら最善の選択肢を見つけてみると対赤黄色戦の勝率が少しあがるかもしれません。



宜しければこちらで普及委員会にクリックをお願いします↓↓
セガR&D1サポーターズサイト

珍獣の回し方の話

どもお久しぶりです
BANです

最近J1に昇格することができたもののJ1の査定が厳しく何度も落ちてはJ1の昇格音を聴いております

さてそんなJ1に昇格した後もわりとメインで使ってるデッキは【猿型珍獣】です
今回は【猿型珍獣】の回した方や注意点等を書いていきたいと思います
(【OC特化珍獣】の対策は自分が以前書いた記事を参考にでも→珍獣対策+余談

①【猿型珍獣】とは
まず回し方を説明する前に
【猿型珍獣】ってなに?【珍獣】となんかちがうの?あと【OC特化珍獣】って?という人のために簡単に説明
ただ厳密な定義なんてどこにでもないのであくまで私個人の定義です

・【珍獣】
1コスサーチャー珍獣を三種以上積み
その回転力を武器とするデッキの総称

・【猿型珍獣】
緑の1コスを『ブロックナイト』『ハッパロイド』に絞り『学びの庭』の第二の効果を狙いやすくしつつ
単体で機能する4~5コス以上のカードを最低1種は3枚詰んだデッキ
※実は後述の【OC特化珍獣】より先に開発されたデッキタイプです。原案者は高知の石油王ことちぃ氏
名称の由来については割愛

・【OC特化珍獣】
OC時に効果を発揮するカードを少なくとも4種は入れてるデッキ
獣ユニットを多く積んだり、『デーメーテール』を積んだり多岐に渡る
※当初は回るけどあまり安定して勝てないデッキでVer1.1当時のイベントでよく散見された
現在のように一線級近くなったのは大体『チェインフレイム』が出てからな気がする

・【海猿】
『海洋の楽園』を詰んだデッキタイプ
まだ触ったことないので個人的に良くはわからない


②デッキ紹介
cojdeck (82)

これが現在私が使っているデッキになります
エラッタ前のあーさー氏のデッキをパクって参考にしてます
今は『魔将・信玄』や『最後の門』入りのデッキが減ったのでジョーカーも合わせてこの構築にしてます
信玄などが増えたら
『サプライズ・ボックス』『天竜のレイア』
もしくは
『トリックフィンガー』→『ライズアンドシャイン』
に変えましょう

③ジョーカー選択
『トリックフィンガー』と『ライズアンドシャイン』が候補に挙げられます
それぞれの利点と欠点をあげますと

・『トリックフィンガー』
利点:CPが軽い、早い、ミラーに強い、二週目に到達しやすくなる
欠点:盤面には干渉できない、ジョーカーとして効果自体はすこし控え目であること

・『ライズアンドシャイン』
利点:『魔将・信玄』『アレキサンダー』など非常に突破しにくいユニットや場を突破できること
欠点:ミラーに弱い

④各種カードの役割や使い方など
『ブラッドバウンド』 『バクダルマン』
デッキを選択する理由にもなってる火力カード
完成の優先順位は『バクダルマン』>>『ブラッドバウンド』
黄色相手にはよほどのことがない限り『バクダルマン』は絶対完成させること

『デビルウインナー』 『ブロックナイト』 『ハッパロイド』
このデッキの回転力の基本となるカード
『デビルウインナー』は各種進化の種や戦術のOCユニットを引っ張ってこれる
『ブロックナイト』を出すと後続も珍獣なので『学びの庭』の第二効果が狙いやすくなる

『ナイトメアシープ』
相手に『裁きのマーヤ』がいるときの進化元としてつかったり
自身や『裁きのマーヤ』などを『チエインフレイム』の範囲外に逃すために使ったりする
またハンデス相手では『ブラッドバウンド』『バクダルマン』をレベル2でだしてそれをOCさせるためにつかったりする

『蠅魔王ベルゼブブ』
相手の『裁きのマーヤ』『蠅魔王ベルゼブブ』の処理が仕事
場に出てからは高BPアタッカ-としてつかう

『裁きのマーヤ』
珍獣ミラーの序盤を支えたり
軽さを活かして2コスのスピードムーブとして使う

『絶望の天魔 アザゼル』
弱体化された天魔
怪しいトリガーを割りにいくのも仕事のうちだが『チエインフレイム』で処理出来ない
レベル2の相手のユニットを処理するのがメインの仕事になりつつある
今は2枚積みだがもちろん3枚にするのもおk

『サプライズ・ボックス』
1ptのオリボ要因デッキの圧縮に一役買ってくれる

『なんでも屋の陳列台』
2週目に到達させやすくする素晴らしいカード

『学びの庭』
このデッキの加速エンジン積極的に第二効果を狙っていく
基本的に2ターン目と3ターン目に打てることがおおい
また軽減してでも第二効果を狙う場面は多々存在する
手札の状況にもよるが
 ・手札が溢れそうな時もしくは2枚を発動できる時
 ・相手が赤の場合『ブラッドバウンド』『バクダルマン』以外を軽減要員として1回の軽減で1回以上は発動できる時
 ・珍獣ミラーで1コスサーチャーがにらみ合っていて『バクダルマン』が揃いそうな時

『チエインフレイム』
メイン火力
OCユニットと合わせて焼くのもよし

『煉獄の封殺炎』
 ・ミラー用のOCユニット対策
 ・『ブロウアップ』『早打ち勝負』などをつかった相手にうつ
 ・ケアを忘れ『拒絶する世界』をされそうな場面で8体目のユニットを焼く
 ・進化の種潰し
などなどあげればキリがない

『ダークマター』
オリボ4pt要員といいたいところだけど
『絶望の天魔 アザゼル』が弱体化した今
メタカードが数多く存在する珍獣にとってこのカードは個人的に必須級
『絶望の天魔 アザゼル』 と違って自分のインセプも割るのでトリガーに指すカードは慎重に

『トリックオアトリート』
個人的に結構重要だと思っているカード
基本的には使いやすいトリガーサーチの効果を使うことで1枚で2枚圧縮できるカードとして運用していく
攻撃してワンドローの効果は使うのは
 ・デッキ内のトリガーがなくなった時
 ・どうしても引きたいカード(OCユニットや『人身御供』『チエインフレイム』など)がある時
に限ろう
そしてインセプサーチの効果も重要であり、劣勢時に『人身御供』『チエインフレイム』を引っ張りやすいのは心強い
※相打ちでも相手のユニットを破壊した扱いでインセプサーチできることをお忘れなく
うまくつかう為に試合中は常に墓地を確認してデッキの中身を把握しておこう

『人身御供』
主に最序盤の『裁きのマーヤ』『サラマンダー』『ヒュプノス』『タナトス』、『魔将・信玄』などの厄介なユニットを処理するためにつかう
ただ『学びの庭』が使えたする場合は使ってから打とう
こちらのユニットが5体いても序盤は『裁きのマーヤ』『レイニーフレイム』で壊滅するので盤面がもたないなら打つべし


⑤その他注意点
・マリガン
先行後攻通して相手の『裁きのマーヤ』『ファンガスガール』が怖いので
『ナイトメアシープ』+1コスサーチャー
を狙いつつ
同名1コスサーチャー2枚+1コスサーチャ-でもおk
マリガン3回目ぐらいからは
1コスサーチャー二種も妥協ライン

・ユニットを出す順番
相手と手札を考慮しない場合の優先順位は
『ブロックナイト』『ハッパロイド』『デビルウインナー』
基本的には手札とデッキの中身を相談して一番"回せる"カードを切っていこう
例えば手札に赤ユニットが4体ぐらいいたなら『ハッパロイド』より『デビルウインナー』のがデッキが回るのでデビルウインナーをきります
ただ盤面を無視できないので回すべきか対処すべきかはきちんと判断すべき
(回して有効札を引き当てて対処ってのも多々あるが)

・軽減優先順位
『裁きのマーヤ』『絶望の天魔アザゼル』『ナイトメアシープ』『蠅魔王ベルゼブブ』『デビルウインナー』『ブラッドバウンド』『バクダルマン』
ただ盤面と手札とターン数によって常にかわるのであくまで参考程度に

・効率よく回すために☚重要
デッキ内に何が残っていて何がないのかそれを常に確認しましょう
 ・デッキ内の緑ユニット
 ・デッキ内のトリガー
この二つは常に覚えとく必要があります

・相手の伏せについて
OCをユニットを投げるのは非常に楽しいですが封札一枚で天国から地獄に落ちます
怪しい伏せがある場合はユニットをだしてラグをきちんとラグチェックしましょう
相手がどんなに連打しても一瞬止まります(といっても私のようなラグチェックが苦手な人にはきくので無駄ではないのですが)
また処理順は
自分のユニットやインセプ→相手のインセプ→自分のOCユニットの効果なので
『ダークマター』で無力化できることと相手の対応する色のユニットをインセプや『蠅魔王ベルゼブブ』で焼けば発動しないことを念頭に動きましょう
CPに余裕なく通らきゃ負け通ったら勝ちみたいなことは極力避けましょう

⑥最後に
珍獣はわりとヘイトを集めやすく、対策カードや多くハンデスという苦手なデッキタイプが存在します
そのため珍獣が流行すると「珍獣死すべし慈悲はない」と一気にメタカードやハンデスデッキが増え始めて途端に勝ちにくくなります
もしあなたがAPを増やしたいのなら自分の環境で今珍獣を選択して勝てる環境かどうかを確認したうえで握ってください
※信玄などが増えたらジョーカーを変えることもお忘れずに

あとよければこちらも↓
セガR&D1サポーターズサイト
プロフィール

にも@管理

Author:にも@管理
© SEGA

COJプレイヤー「にも」です。
ここの管理をしてきます。
ツイッター:shibachu0105
セガR&D1サポーターズサイト登録してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。