スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COJを少しでも運ゲーじゃなくする方法

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があります。
出来る事を全てしてから後は運に身を委ねる的な考えであり、個人的に好きな言葉でもあります。
COJもカードゲームな以上運要素は避けられません。だからといって人の出来ることをせずに神に祈って失敗したら運ゲー運ゲーと言うのに疑問を覚え今回の記事を書きました。
勿論「たかがゲームに何言ってるんだ、そんなのめんどくさいだけじゃないか!」とおっしゃる人もいると思います。
そういった方向けの記事ではないことを最初に断っておきます。


【まずプレイスタイルはどうなのか?】
COJをプレイしている人にもも様々な種類の人がいると思います。
・好きなカード使いたい、勝ちよりも楽しみたい。
・ガチでやりたいけどCOJは運ゲーだと割り切って楽しむ。
・ガチでやってたけどCOJが運ゲーで嫌になってしまった。
・そもそもCOJは運ゲーではねーよ。
様々なプレイスタイルの中でも今回は主に運ゲーで嫌になってしまった人向けの記事になります。


【弱いデッキをつかってませんか?】
上で書いた好きなカード使いたいとかいった層の方にはあまり関係ない話かもしれません。
運ゲーという本筋から離れますがもし勝ちたいのであれば強いデッキを使うのが一番の近道です。
残念ながらCOJはあまり多くのメタが回っているというわけでなく流行のデッキを追いかけている方が強いです。勿論新しいデッキを研鑽して作り出している人も多々いますし尊敬するのですがデッキビルダーじゃないけど勝ちたい!というのであればランカーのコピーを使う事が一番のかつ近道です。

もし初心者の方でこの記事を読んでいただいている方がいるのであれば
デッキ診断でも本気でやるかたであれば余ったカードも出せるので相談してみてください。
もし好きなカードを使いたい!とかあれば事前にそれを言ってくれればそれ混みで考えます。


【対応力の低いデッキを使ってませんか?】
先行取れれば強い!必要なときに必要なカードを引けたら強い!というデッキを使っていませんか?
そういったデッキは得てして運ゲーになりがちで、個人的には丸いデッキを使えば使うほど運ゲー要素は減ると思います。
またプレイに関してもそうで手札は使えば使うほど、魔法石はきればきるほど次のターンの対応力が減っていきます。試合展開と相談して最善手を見つけていきましょう。

一方で尖ったデッキでも素晴らしいデッキは沢山あります。
一昔前のハンデスとか敢えて運ゲーにゆだねつつもトップから強いカード引いてこれるような構築にしていました。
オリジナルボーナスとの兼ね合いを考えつつ、自分の納得のいくラインを探してみるといいと思います。


【思い込みプレイしてませんか?】
してませんか?と書きましたがまずしていない人はいないと思います。
COJは1ターン60秒しかないゲームであり、その場で最善手を考える事は難しいです。そうすると今までの経験や自分なりの理論でプレイをすることになるのですが実はそれが最善手ではない……なんて場合よくある話だと思います。
期待値的にケアする/ケアしない、あったらどうせ負けるわけだし無理にでも攻める、相手の墓地や自分の残りデッキを見つつしっかり2週目のプランを立てる。そういった部分でどうしても最善手が何か分からなくなったりすると思います。

(解決方法1)リプレイを見る      
ランカーのリプレイはそのランカーの考えの集大成です。勿論ミスもありますが。自分と違う行動をとった場合何故だろう?と考えてみるのもいいと思います。
(解決方法2)自分よりもうまい人に聞く
これが一番の近道だと思います。出来れば横についてもらってその人ならどうするって聞いてみるのは自分の行動を再考する機会になると思います。

誰かのaskで聞いてみたり、ツイッターでリプを送ったり、生放送で聞いてみてもいいかもしれません。自分も出来る限りこたえます。


長々と書きましたが結局これだけしても運要素は消せないです。まぁ個人的には極論を言うとすべての物事に運は絡むと思うのですが。
ただ出来る事をすべてしてから運ゲー!と嘆くのも遅くないんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

プレイスタイルを知る

なんかえらそうなタイトルだけど言いたいことまとまってないよ!

このゲームに限らずゲームって性格が出るもので様々なプレイスタイルがあると思います。
手札全部を投げて避けられなかったら死ぬ状況を作り出すタイプ、常に確率計算して動くタイプ、堅実なタイプ、5ラウンドまで僕の城門はしまってるんだよ!とか言い出しそうなタイプなどと様々あります。
環境や流行によって勝率には差は出るかもしれませんがやはり強みを伸ばしていく、自分にあったデッキを使うっていうのでいいと思います。60秒の思考時間しかできないこのゲームでいちいち自分の苦手な戦い方を瞬時に切り替えるってのは中々難しいです。勿論本当に勝率を維持して、トップランカーになりたいっ!みたいな人は頑張って下さい。

特に今の環境はデッキが様々あってどれつかってもある程度勝てる、逆に言えばどのデッキでも負ける事が多いって環境だと思ってます。特にメフィストハンデスしてもトップ2枚でひっくり返される、なんて光景は良く見かけます。
そういう環境なので自分にあったデッキを使って楽しんでCOJできるいい機会なのかなーと思ったり。

というわけで今自分はちょもすさんの黄緑世界コントロール使ってます。
自分は臆病手堅くプレイをするタイプのプレーヤーなのでちょもすさん、あーさーさん辺りのデッキが非常に使いやすいので使わせてもらっています。もし自分のプレイスタイルが守り偏重だったり堅いと思うならばここらへんのプレイヤーのプレイを参考にしたりデッキを参考にしたりっていうのも手かなーと思っております。
こんなこと言っといてなんですが本人の許可とってないんで興味がある人はちょもすさんのリプレイを見てみてください!

さて、話は変わって8月終わりに第二回アルカナカップが迫ってますね。
予選がいつか?とか環境変わってるの?とか疑問はたっぷりですが来月の半ばかなーと思ってます。
前回は権利とって寝坊とかいう大失態をおかしてしまいお恥ずかしい&申し訳ない限りですが今回もチャンスがあるなら走れればなーと思っております。すごいジャッジキルくらいそうですけど。
東京や北海道勢を始めとした新たに増えた強豪、前回走らなかった人たちが本気だすという事で結構倍率すごいことになりそうですが、第一回アルカナキングの連覇を阻止するという意気込みでがんばりたいと思います。

自分のやりたい事と相手の嫌がる事

こんばんは、やまだです。
今日はちょっと難しい話と感じるかもしれません。抽象的な内容含んじゃうので。
中級者向け記事になっちゃうかもしれないけど始めたばっかりの人でもこういう考え方があるんだーと思っていただければ。

よくカードゲームは「自分のしたい事をするのではなく相手が嫌がる事をしよう」と言われます。
なんとなーく言葉は知っててもピンとこない、納得してない人もいるのかなーと思います。
というわけで今回はこの言葉を意識してプレイする大切さについてお話できたらなーという目的で書きました。

皆さんも「このシーンブレイブが来たら負ける!」「このターンマーヤ引かれたらやばい!」みたいなシーンあると思います。
でも相手ブレイブ手札にあるのに出てこなかったりして、ほっとするなんて事ありませんか?
相手が嫌がるタイミングで嫌がる事をする、とても重要な考え方だと私は思ってます。
更に上に行くには「相手すら気づいていない相手の嫌がる事」を墓地、フィールドから読み取って行くのが大事だと思います。

・例その1
相手が1000×5並んでる、自分もCP使い切れば珍獣サーチ出来る。
ここで「自分がしたい事」は珍獣サーチをする事です。
でも「相手が嫌がる」であろうマーヤが出せるのならマーヤを出した方がいいんじゃない?って話なんです。
当然のことじゃん?って言われるかもしれません。でもこれが意外と場以外の情報になると難しいんです。
・例その2
相手が珍獣デッキである。相手の場にマーヤとブレイブ、墓地には赤1コスが3枚×5種類いるとします。
相手が気づいてるかどうかわかりませんがこれってブレイブを戻されると種がいないので1週するまで腐る可能性が高いですね。これもまた「相手が嫌がる」事の一例だと思います。

勿論相手の嫌がる事だけし続けても勝てません。自分のしたいことと相手の嫌がる事、その優先度をその都度考えましょう。
嫌がる事といっても相手の手札が分からない以上、あくまで推測にすぎません。
無理にブレイブを出して相手の場を壊滅させてもバクダルブロウが飛んできてこっち壊滅って事もありえます。
如何に精度の高い推測をするか。
そのために相手の場を見、墓地を見、手札を予想し、前のターンのプレイを思い出す事が大切なのかなーと思います。

とか偉そうに言ってますけど自分も出来てるか怪しい。
でも基本的な考え方だと思うのでちょっと意識してみるといいかもしれませんね。

「こだわり」

はじめまして、やまだという名前でCOJをしております山田次郎です。
今回無料化という事でCOJ界を盛りあげたいという考えでにもさんがブログを始めたみたいなので
自分も参加させていただければなーと思い記事を書かせていただきます。

あちゃますさんに記事を借りて初心者向け記事を書いたりしたんですが、
今回はちょっとその路線から外れて「こだわり」についてかきたいと思います。

結構デッキ相談とか受けると「このカードは入れたい」とか「このデッキは使いたくない」って言われるんですね。
私自身はそういうこだわりっていうのも大事だなーと思ってて、KP突撃の全盛期とかでもベリアル使ってたりしました。
で、サンドバックにされてしばらくCOJ触れないみたいな事になりました。
というわけで「こだわり」を持つ、更にそれを続けるっていうのは結構つらいんすね。

というわけでこれから伸びてくるであろう人達に伝えたい事。
もし本気でこだわりを持った上COJで強くなりたいならば、結構な覚悟を持ってください。
最強と言われてないデッキでどうやって勝つか、どうやれば有利になるか、
どのようにデッキ自体を研鑽していくのもカードゲームの楽しみだと思います。
ただこだわりな以上アドバイスを求められても中々適切な答えは出せません。自分で探していく作業になると思います。
でこだわりきった上で最強デッキを使いたいと思った時。
それはそれでいいんだと思います。結局COJはゲームです。楽しみましょう。

というわけで短いですが、自分の経験から誰かしらの心に響いてくれればなーと思い書かせていただきました。
皆さんとマッチングできるのを楽しみにしています。

というかロケテ人いなさすぎてマッチングしないんですけど。
同じ人にしか当たらなくて、ちょっとロケテにIC刺したのを後悔しているやまだでした。

※追記
「こだわり」が重いと言われたんですけどカードゲーマーってこういう方多いと思ってて記事書きました。
多分ピンとこない人はピンとこないだろうからゴメンねっ☆
プロフィール

にも@管理

Author:にも@管理
© SEGA

COJプレイヤー「にも」です。
ここの管理をしてきます。
ツイッター:shibachu0105
セガR&D1サポーターズサイト登録してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。